知っておこう!妊娠中の食事の大切なポイント

妊娠中は食事の内容と時間を気をつけることがポイント

知っておこう!妊娠中の食事の大切なポイント

食事

規則正しい食事を摂る

妊娠中には、規則正い食生活をしましょう。野菜を中心に食べることも大切ですが、食事の時間を守ることも大切です。食事をする時間が不規則になると、食べすぎてしまい、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になる恐れがあるので気を付けましょう。また、体重の増加が気になり絶食することもいけません。適度な食事を時間を守って取りましょう。

水分補給をする

女性の一日の水分摂取量は1Lですが、妊娠中には一日2L水分を摂取しましょう。妊娠中はむくみが気になり、水分を取らない人が多くいるようですが、水分の摂取はむくみと関係はありません。逆にむくみの原因である、塩分を排出するために、水分補給をすることはとても大切です。赤ちゃんにも健康的な血液を運ぶことが出来るので、一日2Lの水分補給を心掛けましょう。

食事の仕方を工夫する

一回の食事量を減らし、一日の食事の回数を増やすことで、身体へのダメージを軽減することができます。妊娠中は一度に多くの食事を取ると、インスリンが多く分泌され、身体の反応が鈍くなってしまいます。その影響で糖尿病になってしまいます。そういった事が無いように、一日の食事を少しずつ、何回も食べることが大切です。数回に分けて食事をすると総量が増えてしまうので、よく噛んで食べるようにしましょう。

広告募集中